新型コロナウイルスの感染拡大予防対策について(5月20日更新) | 【公式】宮崎カーフェリー

新型コロナウイルスの感染拡大予防対策について(5月20日更新)

2020. 05. 20
お客様に安心してご乗船頂けるよう、宮崎カーフェリーでは以下の取り組みを行っています。

ターミナルでの取り組み

スタッフの出勤前の検温とマスク着用を義務化し、健康管理を徹底しています。

お客様に安心してご乗船いただくため、ご乗船いただく全てのお客様への体温測定と健康チェックを実施しております。
体温測定の結果「37.5℃以上の発熱が確認された場合」、健康チェックにて「強いだるさや息苦しさの症状が見られた場合」当社運送約款(旅客運送の部 第2章第3条)に基づき、乗船をお断り致します。また、体温測定や健康チェックにご協力頂けない場合も同様に乗船をお断りさせて頂きますので予めご了承ください。皆様のご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

〔実施場所〕
ターミナル内1階 体温測定カウンター
※お車でお越しのお客様も含め、皆様ターミナル内で体温測定・健康チェックを実施します。恐れ入りますが皆様ターミナル内へお越し頂きますようお願い申し上げます。

〔実施手順〕

  • 1.ターミナル到着後、乗船名簿をご記入ください。名簿内の健康チェック欄にある選択肢のいずれかを必ずお選びください。
  • 2.ご乗船のグループの皆様お揃いの上、ご記入後の乗船名簿を当社検温係員にお渡しください。ご乗船される方全員の体温測定及び健康チェックを行います。
  • 3.検温後、乗船手続カウンターへお進みください。
    体温測定は非接触型の体温計を使用します。37.0℃以上を計測した場合、より精度の高い接触型の棒体温計を使用し再度計測いたします。

□手指消毒ポイントの設置
□カウンターにビニールシートを設置
□お並び頂くお客様の間隔を確保する目印の設置

船内での取り組み

接客スタッフの出勤前の検温とマスク着用を義務化し、健康管理を徹底しています。

□二等室・二等寝台室のご利用人数を調整し、お客様同士が一定の距離を保てるよう対応しています。
□大型トラックドライバー区画のご利用人数を調整し、二等寝台室への振替を行う事で、ドライバー様同士の間隔が確保できるよう対応しています。

<設置場所>
□ドライバー区画出入口(前方・後方)
□3階エスカレーター、二等室出入口付近
□4階展望浴室入口付近

<夕食>
□バイキング営業を休止し、お弁当・丼もの・カレーライスなどの販売に変更しています。
□フリードリンクサービスも休止し、お茶(500mlペットボトル)を提供しています。
□レストラン以外(客室等)へのテイクアウトも可能です。
《販売品目》※ペットボトルお茶付き
お弁当 1,000円(税込)
丼ぶり 600円(税込)
カレーライス 600円(税込)

<朝食>
□パンセットの販売を休止し、ご飯とお味噌汁セットのみとさせて頂きます。
□フリードリンクの利用も休止し、お茶(500ml ペットボトル)を提供しています。
《販売品目》※ペットボトルお茶、コーヒーチケット付き
和洋食セット 600円(税込)
カレーライス 600円(税込)
※コーヒーは案内所でお引換え下さい

その他
□一部メニューでは、使い捨てができる容器に変更しています。
□カウンターにビニールシートを設置しています。

<該当施設>
□ゲームコーナー
□サウナ(展望浴室は利用可能です。)

□停泊中は外部デッキ出入口扉を全て開放し換気を行っています。また、航海中も外気30%を取り入れ船内通風環境を整えています。
□引き続き清掃スタッフ及び乗組員が手すりやドアノブ等、お客様が多く触れる部分の消毒を徹底して参ります。